熊本県温泉協会とは・・・
温泉を利用する旅館・公衆浴場等と温泉所在地の市町村及び県が一体となって、温泉の保護と適正利用を全県的に推進するための組織を結成し、その活動を通じて温泉の永続的で安定的な利用の確保を図ることを目的として平成7年3月22日に設立されました。

(会員)
協会の会員は、正会員、特別会員及び賛助会員です。
 正 会 員  : 温泉所有者、温泉採取者及び温泉利用者
 特別会員 : 温泉の所在する市町村
 賛助会員 : 温泉に関する団体、個人及び掘さく、動力装置等の施工
          業者で、協会の目的に賛同する者

設立当初会員数は375会員 (正会員326、特別会員36、賛助会員13)

現在(R3..5.25現在)336会員(正会員280、特別会員37、賛助会員19)


※(用語の定義)
 (1) 温泉所有者 : 自分の土地に源泉を所有している者
 (2) 温泉採取者 : 他人の土地に源泉を所有し、そこから温泉を採
               取している者
 (3) 温泉利用者 : 温泉所有及び温泉採取者から分湯を受け、温
               泉を利用している者

トップページへ戻る